野球の知識を確認できる試験

試験

一言で「野球に詳しい」と言ってみても、趣味の範疇でのことですから、自分がどの程度詳しいのかはっきりさせるのは難しいことです。ですが、野球の知識の深さを、客観的に評価できる試験が存在します。それは、『野球知識検定』です。

この試験は、株式会社マスターズリーグによって運営されています。こちらは、プロのOBで構成されたリーグであるマスターズリーグを運営しています。現在リーグ活動自体は休止していますが、このような検定などを開催しています。この試験の出題範囲としては、NPBのみならず、小中学校、高校・大学・社会人など国内の諸リーグ、MLB、韓国・台湾などの諸外国のプロ、オリンピック・WBCのような国際大会、または野球にまつわるカルチャーなど、幅広いカテゴリーの中から、ルール、記録、歴史、エピソードを中心に出題されます。

ベースボール

受験については、会場で受験する公式検定があり、知識の深度に合わせて6級から1級まで認定されます。また、プロOBの所属するリーグで運営されていることもあり、公式検定の当日の検定官にプロのOBを起用しており、検定終了後にはトークショーなどのイベントも開催しているので、受験することで元プロ選手と交流することも可能です。

合格すると、認定書やカード形式の認定証および認定バッジが授与され、合格の証が形として残るようになっています。また、抽選で選ばれた受験者・合格者や、成績優秀者は、写真撮影会や元プロ選手との食事会への参加、サイン入りのボールや色紙などがもらえるなど、ファンには得がたい特典もあります。

野球投手に関する知識

投手

プロ野球の投手は基本的に高給取りの人が多いです。というのもアメリカのメジャーリーグに移籍する日本人選手の多くが投手となっていて、実際に多くの日本人投手がメジャーリーグにおいて成功しています。例えば田中選手やダルビッシュ選手などは、アメリカでも高く評価されていて、高い年俸が支払われています。そのためプロ野球の球団としても、ピッチャーに対しては高い給料を支払うことになっています。

ビジネス的にも日本人選手の獲得はメジャーリーグにとってとても重要視されています。というのも野球は世界的にはあまりメジャーではなく、放映権販売やグッズ販売などにおいて収益が期待できる地域は限られています。その限られた地域の中では日本が一番野球の人気が高いので、メジャーリーグとしては日本人選手の獲得にこだわっています。

キャッチ

そのため毎年オフシーズンになると日本人選手が複数メジャーリーグに移籍していて、放映権やグッズなどの売り上げに高く貢献しています。また日本人観光客の獲得という観点からも日本人選手の移籍はメジャーリーグにとってはメリットと言えます。もちろん日本人選手の質の高さも評価されてのものなのですが、メジャーリーグではきちんと経済的な計算も行っているというのが一般的な知識です。

ブックメーカーでプロ野球ファンを獲得

野球

プロ野球ファンの中では広く知られている事実として、若年層の野球離れという大きな課題があります。テレビの生中継は減少しています。

プロ野球 ブックメーカーならば、スマホ世代の若年層との相性が良く、ゲーム感覚で始めることができます。欧州では若年層だけではなく、多くの世代がスポーツと同時に、ブックメーカーをやっています。

日本のプロ野球だけではなく、メジャーリーグもあるので、多くの野球ファンから支持を集めることが期待できます。このままでは年々ファンが減るので、新たなファンの獲得するためにも、ブックメーカーに目を向けるべきです。世界でブックメーカー人気があるので、参考にすべきでしょう。新たなスポンサー獲得の力になります。